地肌乾燥の原因と対策

subpage1

地肌乾燥とは、本来必要な皮脂や水分が地肌に不足している状態のことです。

考えられる地肌乾燥の原因は、主に4つあります。


一つ目は季節や環境による乾燥です。


一般的に、乾燥しやすいのは湿度が低くなる冬です。

湿度の低下に加え、エアコンの使用により空気の乾燥状態が続き、皮脂量が減ってしまうのです。


また、夏も地肌が乾燥しやすい季節です。



夏は紫外線が強く地肌も日焼けしますが、その地肌の日焼けのケアは忘れられがちです。
加湿器を使用したり、濡れた洗濯物を室内に干すと空気の乾燥を防ぐことができます。

ガジェット通信選びをお手伝いします。

また日焼けしてしまった地肌は化粧水で保湿します。化粧水は顔に使用しているものでも良いですが、頭皮用の化粧水も販売されています。

二つ目は洗髪です。

1日に何度もシャンプーをしたり、熱いのシャワーを使っていると、地肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

髪の汚れはすすぐだけでもある程度落ちますので、シャンプーをつけすぎないよう、ぬるめのお湯を使って洗髪します。

また高温のドライヤーも乾燥の原因になります。地肌に直接高温の風を当てると地肌の中の水分も蒸発して、乾燥しやすくなります。


ドライヤーの温度も低めに設定し、髪から20センチほど離して風を当てるようにします。


三つ目は栄養不足です。

必要な栄養素が十分に頭皮に行き届かないと地肌は適切に皮脂を分泌ことができず、乾燥を招くことになります。



外食が多い、インスタント食品をよく食べるような人は生活習慣の見直しが必要です。

最後は体質や病気、加齢による乾燥です。


遺伝的な体質や病気、年齢が原因で、地肌が乾燥する場合もあります。この場合、地肌乾燥以外の症状が現れることも少なくありません。


普段、自分の目で自分の地肌を直接見ることはありません。
なかなか意識をすることがない部分だからこそ、しっかりとしたケアが必要です。