証券会社の比較検討するためのポイント

証券会社を比較検討するためには対面証券とネット証券のどちらを選ぶかを決めます。
対面証券は投資をしたいけれど、何に投資をすればよいのかわからない投資家に適しています。

対面証券の場合、営業マンが投資のアドバイスや資料を作成してくれるので、投資家が自分で調査する手間がかかりません。


また、金融商品も投資家のニーズに合わせて多種多様になっているので、営業マンのアドバイスがとてもためになることがあります。



対面証券の中で証券会社の比較検討するには取引手数料、金融商品の取扱量、営業マンの資質を確認することが重要です。
ネット証券は、何に投資をしたいのかある程度、決めている投資家に適しています。ネット証券は取引手数料が格段に安く、インターネットができる環境であれば、どこでも取引できます。ネット証券の中で証券会社の比較検討するには取引手数料、投資情報の充実、取引システムが安定していることを確認することが重要です。

2014年から株や投資信託などの運用益や配当が一定額非課税になる少額投資非課税制度(NISA)が開始されました。



NISA口座の開設は一人につき、一つの金融機関しかできません。



NISA口座を有効に利用できる証券会社を選ぶには投資信託と新規上場株式の取扱数を確認することが重要です。


投資信託と新規上場株式の取扱数は証券会社によって大きく違うので、現在、取引していなくても、将来、取引する可能性を考慮しておいた方が良いといえるでしょう。